むらいぼうStyle

【ビジネスで2度の大転落を経験】自らの失敗と、どん底生活の中から学んだ事を共有しています。『大逆転は起こり得る』

【顔が濃いってコンプレックス??】待って!こんなにメリットあるよ!!

顔が濃いってコンプレックスですか?んーと『個性』だよ!!

「出身はどこですか??」

 

はじめましての人に会うと

必ず聞かれます。

 「お住まいは?」とか「お仕事は?」

ではなく、出身を聞かれるんです!

 

 「日本人ですか??」

っていうのを遠回しに聞いてくるんです・・・(笑)

 

相手は悪気があるわけではないんだけどね!

気になっちゃうみたい(笑)

 

これは、顔が濃い人だと「ある、ある!」って

分かってもらえると思うんだよなー。

 

という事で今回は

顔が濃い事をコンプレックだと思ってしまっている

そんなあなたのために書いた記事です!

 

 

f:id:muraibou:20200320010657j:plain

【顔が濃いメリット】

1.相手の印象に残る

2.会話のネタになる

3.モテる

メリットばっかりです!(笑)

 

コンプレックスと感じる必要ないですよ!

それぞれについて、経験も踏まえて話していきますね!

むらいぼうの経験

よく言われる事

・沖縄出身ですか?

・ハーフですか?

・東南アジア系ですね

・アラブにいそう

とこんな感じで必ず言われます・・・(笑)

 

要するに、

「日本人に見えない!!」

と言いたいみたいです(笑)

 

学生時代、タイへ卒業旅行に行ったときなんか

・現地の人に道を聞かれましたからね!

 

・トゥクトゥクやタクシーが止まりません!

(日本人だと乗せたくて止まるんですよ普通)

 

・クラブに行っても女の子寄ってこない!

(日本人はお金持ってるって思われて、寄ってくるはずなのに・・・)

 

・客引きなんて、もちろんされません!(笑)

 

顔の濃さがコンプレックスだった時期

小学生くらいから、

物心って、ついてくるじゃないですか。

女の子の事も意識し始めるし

 

この頃は、今考えると顔の濃さが

コンプレックスでしたね。

可愛い時期もありました・・・(笑)

 

f:id:muraibou:20200320010802j:plain

小学生くらいの頃って

平気で人が傷つくようなことを、言い合ったりするじゃないですか

 

今は目立ちませんが、

ほっぺのところに痣(あざ)があって

それが理由でイジメられたりもしました・・・。

 

『顔が濃い+顔に痣(あざ)』

最強タッグ!!(笑)

 

今は笑い話にできてますけど

よく考えると、あの頃は辛かった時期だったなー。

なんて思います。

顔の濃さが個性に変わった

コンプレックスの克服?っていうのかな。

きっかけはそれぞれの時期いくつかあったんですが

大きかったことを紹介しますね

・中学時代、部活時の経験

f:id:muraibou:20200320011307j:plain

小学生までの出来事が、

この時期に全てひっくり返すことが出来ましたね。

 

中学の頃は、陸上部の長距離をやっていました。

そうすると、大会とか強化合宿とかあるじゃないですか

 

そんな時、他の学校の人達と交流があって

一度しか会った事がない人にも

顔と名前を憶えてもらえていたんですよ!!

 

最初はあれ?なんで?

だったんだですけど

 

「顔が覚えやすいから」

っていうのを言われた時に

「あー、なるほど!(笑)」って

 

この瞬間に、自信を持つきっかけになったんですよね!

「顔が濃い⇒印象に残りやすい!」

に変わったタイミングです。

・高校時代のボクシング

f:id:muraibou:20200320011327j:plain

この頃はモテたい絶頂期!(笑)

 

男は絶対に強い方がモテる!っていう思いと

ボクシング漫画の「はじめの一歩」

にとても影響を受けていた時期です(笑)

 

いじめられっ子の少年が、ボクシングを通して成長していく。

そんな主人公に共鳴しちゃったわけです

読んだことがない人は是非読んでみるといいと思いますよ!

はじめの一歩(1) (講談社コミックス)

 

当時の自分は

・陸上の時に肌が日焼けして小麦色

・体は筋肉でバキバキ

・眉毛を細くして、短髪

・ボクシングをしている

・顔が濃い(笑)

 

おかげさまで、

『顔が濃い⇒いかつい』

に呼ばれ方が変わりました(笑)

(今は優しそうだねー、仏様みたいだねー。って言われます!)

(はい、調子乗りました・・・すいません。)

 

10代の頃って、「いかついねー!」

って誉め言葉ですよね(笑)

 

喧嘩が強くなったとかではなく

ボクシングを通して

シンプルに、

「自分に自信を持てるようになった」

そのことが大きかったんです!

 

・大学時代のバンド

f:id:muraibou:20200320011420j:plain

ボーカルでした、ボーカル!!

動機は単純・・・モテそう(笑)

 

バンド活動の中で、

ライブってやるわけなんですが

 

そのときに、分かった事がありました。

イメージしてくださいね

・会場は真っ暗

・ステージだけ照明がついている

・ピンスポットがあたる

 

そうなるとね、

顔が濃い人って・・・

ステージ映えするんですよ!!

 

これホント不思議!

(顔が薄い人が映えないといっているわけではありません)

 

『強い照明+濃い顔』

これね、いい意味で最強タッグ!!(笑)

 

ちなみにこの頃は

「BECK」「NANA」って漫画にインスパイアされまくりでした!(笑)

BECK(1) (月刊少年マガジンコミックス)

NANA―ナナ― 1 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

がっつりバンドの漫画!また漫画!(笑)

 

あとね、MCなんかするときに

先に自分から

「この濃い顔を覚えておけ―!」

何て言うと

「笑い」に変わったりもするもんだから

 

この時のおかげで

『顔が濃い⇒ネタになる!』

って実感できたんですね。

 

おかげさまで、

『ボクシング経験+バンドマン(ボーカル)+笑いとれる+顔が濃い』

この装備のおかげで

ちやほやされる経験も出来ました(笑)

 

伝えたい事

f:id:muraibou:20200320011727j:plain

要するにね

顔が濃い事で「得した事ばっかり」なんですよ!

 

もしこの記事を読んでいる人で

コンプレックスだと思っている人がいたら

そんなことは全くないですからね!!

 

ちょっとプチ自慢みたいな記事になってしまいましたが

「顔が濃い」ってコンプレックスになってしまう部分を

プラスの方向に使ってきたって、実体験をお伝えしたんです。

 

本当に、顔が濃くて良かったなって思ってます。

 

でも、それなりに努力はしましたよ?

だから、

「顔が濃かったおかげで」というよりは

 

自分が努力してきたものに

『顔の濃さって個性』

が組み合わさった!

 

そのおかげで自信を持つきっかけが沢山増えた

みたいな感じなんです。

 

 

顔にコンプレックスがあるなら、

『それを個性として、どうやったら活かせるか』

そこに意識が向けられると、何かが変わるかもしれませんよ!

 

わたしの場合は変わりました!

なので、もう一度言いますね。

 

顔が濃いのは『個性』だ!自信もっていこう!

 

以上、【顔が濃いってコンプレックス??】待って!こんなにメリットあるよ!!

でした。