むらいぼうStyle

【ビジネスで2度の大転落を経験】自らの失敗と、どん底生活の中から学んだ事を共有しています。『大逆転は起こり得る』

【借金3000万】実体験者が語る。「借金生活あるある。28のエピソード」

f:id:muraibou:20200403140333j:plain

 

借金を抱えちゃった・・・。「ここからどんなことが起きるんだろう??心配だな・・・。」

 

こんな悩みを抱えている

そんなあなたに向けて今回は記事を書きました。

 

 

ただし、お願いがあります。

「自分が原因で借金を抱えた人」

そして

「返済する決意を持っている人」

のみ読み進めてください。

 

借金を抱える場合

「自分が原因の場合」と「自分以外が原因の場合」

と分かれます。

 

自分以外が原因で背負ってしまった人には

この先の内容に関して、参考になりません。

 

このページを閉じてください。

お願いします。

 

 

何度も申し訳ないですが

この先読んで頂くのは

・「自分が原因で借金を抱えた。」

・「返済する決意がある。」

この2点

どちらも持ち合わせている人のみでお願いします。

 

f:id:muraibou:20200403141046j:plain

 

それでは、

今借金を抱えているあなたに、まず伝えておきたいのは2点

 

「大丈夫、あきらめないで!」

 

「目を逸らさないで!!」

 

そして返済に向かうにあたって最も大切なのは

「人間関係、信頼関係」

です。

 

借金を背負ってしまっても

起きるであろう出来事を先に知っておくことで

きちんと対策が打てます。

 

なので、まずは今回は実体験者の僕に起きた

『あるある』をまとめておきました。

 

読みながら不安になる部分もあるかもしれませんが

不安にさせたいわけではなく、

「返済をして、新しい一歩を踏み出すため」

に記事を書いていますので

 

目をそらさずに、まずは知ること。

そして一つずつ対処していきましょう!

 

僕以上に個人で借金を抱えている人は少ないと思うので

ぜひ参考にしてください。

 

わたし自身に関しては、以下の記事でお伝えしています。

www.muraibou.com

 要するに、借金3000万以下なのであれば

「だいじょうぶです!安心してください!」

僕自身が証明です。(自慢にはなりませんけどね・・・笑)

 

それでは

 

借金生活あるある

大きく分けると4つのカテゴリーに分かれます。

1.生活と金銭部分

2.社会的部分

3.家族・友人の人間関係

4.自分自身

 

それぞれについて取り上げていきますね。

1.生活・金銭部分のあるある

・返済で精一杯、生活に余裕がなくなる

・財布には、返済明細しか入っていない。

・一日500円以下での生活が当然

・外食はできない

・コンビニ弁当すら高く感じる

・おかずは買えない

・移動は、徒歩か自転車

・毎日寝る前に、返済についての悩みがよぎる

・自宅が無くなる

・服や靴など新しいものは買えない

 

生活する部分に関しては

借金というのは直結してくるので、

「お金がないと出来ないこと」

想像できることは、ほとんどすべて起こりますね!

 

貧乏中の貧乏になりますよ!

2.社会的な面でのあるある

・金融機関から信用はゼロ(返済が遅れた場合)

・クレジットカードは作れない

・ローンは組めない

 

社会的な部分では、意外と生活に直結する影響は少ないです。

ただ、長期的な視野で

家を買ったり

車を買ったりという事は

当たり前ですが、しばらく出来なくなります。

 

金融機関などに借入している場合は

遅れることなく返済が絶対条件ですね!

 

3.友人・家族との人間関係あるある

・毎日「いつ返済できるの?」と連絡がくる

・縁が切れる人が出てくる

・会ってくれなくなる(友人や家族が)

・会いたくなくなる(自分が)

・マイナスの噂が広がる

・会うたびに頭を下げる

 

もし友人や家族から借金している場合

どんな理由があったとしても絶対に返済しましょう。

 

ここの人間関係が、

あなたにとって、今後の生命線になります。

 

4.自分自身あるある

・自信がなくなる

・外に出たくなくなる

・自暴自棄になる

・すべてを捨てようと考える

・あきらめモードに入る

・遠くに逃げたくなる

・過去を振り返り後悔する

・プライドとの葛藤が生まれる

・人が嫌いになりそうになる

 

伝えたいこと

f:id:muraibou:20200403140607j:plain

「自分が原因で背負った借金の場合」

4つのカテゴリーで「あるある」を挙げましたが

 

もうね、借金生活の中で一番つらいのは

『自分と向き合わないといけない。』

ここです!!

 

言い切ります! 

辛いなんてもんじゃないですからね?

だってそもそも、借金を作る時点で自分が悪いでしょ?

 

極限状態に近い状態になった時

自分の弱い部分が全て出てきます。

・ダメな自分

・弱い自分

・自分勝手な自分

・無知な自分

・努力不足の自分

挙げればきりがないです・・・。

 

それを受け止めて改善する必要があります。

立ち直って、一歩踏み出したいならね。 

 

『借金と向き合う事』は、

『自分自身と向き合う事』とイコールです。

 

そりゃ、きついです。 

でも

借金から逃げるということ=自分から逃げるということ

それは

「人生から逃げる」ということになります。

 

そんな人が、

新しく一歩踏み出すなんて・・・おかしな話ですよ。

 

だから目を逸らさないでください。 

辛い道です。

でもあなたが選んだ道です。

 

でも、大丈夫です!

あなたより大変な状況の人も沢山います。

『あきらめないでください』

『誠実に』一つずつクリアしていきましょう!

 

そして、分かっておかないといけないのは 

必ず見てくれている人、守ってくれる人もいます。

あなたが気付いていないか、見ないフリをしているだけです。

 

必ずいますから。

 

その人の為にあきらめないでください。

その人たちから目を背けないでください。

 

 

「言ってることは正論。言いたい事も分かる。」

「でも、じゃあどうしたらいいの・・・??」

 

そう思う人の為に、記事を作りますのでそちらを見てくださいね! 

 

以上、借金3000万の実体験者が語る。「借金生活あるある。28のエピソード」

でした!