むらいぼうStyle

【ビジネスで2度の大転落を経験】自らの失敗と、どん底生活の中から学んだ事を共有しています。『大逆転は起こり得る』

書籍『悪魔とのおしゃべり』まとめ・感想

悪魔とのおしゃべり

今回は『悪魔とのおしゃべり』を読んでみたので

まとめ・感想を記事にしました。

各章の『名言』部分を読むだけでも、多くの学びがあると思います!

ぜひ参考にして下さい!

 

 

『悪魔とのおしゃべり』はこんな人にオススメ

・「なんか世の中ちがくない?」と感じている人

・「夢をかなえたい!」「お金持ちになりたい!」といった「願望」を持っている人

・ありきたりな教えに、飽き飽きしている人

 

『悪魔とのおしゃべり』から学べる事

・正義を疑う、新しい視点・考え方

・人間スーツ論という概念

・願望はすべて叶っているという事

 

『悪魔とのおしゃべり』まとめ

第1章:正しさを、疑え!

今までの教え:「正しく」て理解できる教えを、いっぱい学ぼう!

 

悪魔のささやき:理解できるアドバイスなら、そもそも聞く意味が無いのさ。

【名言】

・小さいから「弱い」とは限らない。善だから、「良い」とは限らない。

・悪だから、「悪い」とは限らない。

・むしろ「正しさ」こそ、世界をダメにしている。

・苦しみが生まれるのは、「正しい教え」のせい。

・自分を責める暇があったら、『正しさ』を疑え!

・「苦しみ」は、「正しさ」の副作用。

・全ての「正しい」とされていることを、疑ってみるのだ!

・理解できない領域にしか、「新しい可能性」はない

 

第2章:怒れるヒーロー

今までの教え:怒りをコントロールするための方法は、まず怒りが発生したら6秒間耐えることで、自然にその・・・。

 

悪魔のささやき:「 相手に期待するな!」 

【名言】

・怒っているのは、いつも正義の味方。

・全ての怒りは、相手に「期待」しているから発生する。

・全ての怒りは相手のせいではなく、相手に「期待」した自分のせい。

・期待を捨てれば、怒りは消える。

・自分にも、他人にも、世界にも、相手にも期待してはいけない。 

第3章:人間スーツ

今までの教え:金持ちになることが夢なら、「正しい」知識をたくさん学びましょう!

 

悪魔のささやき: 目の前にすでに、「金持ちになりたい」が叶っているのさ。

【名言】

・この世とは『体験』を叶えるための世界なのさ。

・「~が欲しい」と願えば、「~が欲しい」という『体験』が叶う。

・不幸以外が、あなたを「幸せ」にしたことはない。

・願いをかなえるためには、「その願いが叶っていない状態」が絶対に必要になる

 

第4章:身体は、神殿

今までの教え:目の前の現実は、まちがいなく「正しい」ものであり、確固とした「事実」である。

 

悪魔のささやき:誰かが今、「あなた」という夢を見ているのかもしれない。 

【名言】

・「正しさ」の裏側には権力者の都合がある。

・量子力学において、目の前で起こることは、全てがその人の「観測通り」になる。

・誰かに教えてもらったことには、何の価値もない。自分で『気づく』ことに意味があるのだ。

・世界には、たった一者たる「わたし」しかいません。

 

第5章:脅し始めた、お守り

今までの教え:多くを得たものが幸せである。

 

悪魔のささやき:全部、失っちゃえ!全てが、最初は持っていなかったモノだ。

【名言】

・記憶なんてただの「脳内データ」

・何者(なにもの)かになる前は、何者(なにもの)でもなかっただけ。

・お守りがなくなっても、「お守りがなくなる前」に戻るだけ。

・世界中に不幸になれる人なんて、本当は一人もいない。

・この世で得たものはすべて幻想だ。

 

第6章:リンゴの主張

今までの教え:多くの財産を手に入れた人が、幸せ者。

 

悪魔のささやき:リンゴに所有できるモノは、何もない。

 【名言】

・戦争の勝者が書く本の名前は「教科書」

・「所有」は全部、マボロシ。

・個体が、別の個体を、「所有」できるわけがない。

・「所有している」と思っているから、「失う」という恐怖が発生する。

・「多くを持っている者」とは、「幻想を多く抱えている者」

・「手に入れよう」としなくなれば、「手に入る」ことになるのだ。

 

第7章:イイヒマニア

今までの教え:毎日が「良い日に」なればいいのにな。

 

悪魔のささやき:だが結局、その全部が「イイヒ」になるのさ。

【名言】

・この世は、ブランコだ。

・「片側」だけで存在することなどできない。

・不幸以外が、あなたを「幸せ」にしたことなんて一度もないよ。

・「プラス」だけを貯めこむことなど絶対にできない。

・ブランコそのものを、楽しむのだ。この世、そのものを楽しむのだ。

・「特定の方向」だけを期待するな。

・失敗したんじゃない、成功し始めたんだ。

・「悲しみを悲しもう。苦しみを苦しもう。苛立ちを苛立とう。楽しみを楽しむためには、それが必要です。」

 

第8章:『宇宙システム』の始まり

今までの教え:難しくても「成功し続けた」人の話を聞こう。

 

悪魔のささやき:失恋したことがない奴の事を、恋の経験者と言えるのか?

【名言】

・「わたし」と「せかい」は常に同時に発生している。

・「わたし」と「せかい」は常に鏡の関係性にある。

・「わたし」と「せかい」は同じサイズ。

・すべての物質は3つの要素から成り立つ。三位一体。

・『体験』をするために「わたし」と「せかい」が分離した。

・何かを知りたければ、その両極を探査すればいい。

第9章:この世は勘違い合戦

今までの教え:いつか、大きな夢を叶えましょう。

 

悪魔のささやき:ダッサ。夢など、もうすでに叶っている。

【名言】

・「幸せになりたい人」の数だけ、「不幸」が必要になる。

・そもそも、「現実」は全てが勘違いだ。

・自分の外側に、世界はない。

・信じている者は、願っていない。 願っている者は、信じていない。

・何度も、「充足」を叫びなさい。不足を追いかけるな。 

 

第10章:運を悪くする、良い方法

今までの教え:自力で頑張って、幸福な人生を切り拓(ひら)こう!

 

悪魔のささやき:自力で良くできたのなら、それは「運」じゃないのさ。

【名言】

・「運」と「実力」は正反対の性質で、相いれない。

・「実力」以外の部分を、「運」と呼ぶ。

・「わたし」には、世界の何一つとしてコントロールできていない、と「気づく」こと

・昨日の悲しみが、今日おれたちを笑わせているんだよっ。

・「自力」などないと、ただ見抜け。

第11章:あなたは、宇宙の孫の手

今までの教え:自分の才能を自分の未来のために使おう。

 

悪魔のささやき:誰かを、掻け。貴様は、ただそのためだけに生まれた。

【名言】

・特定の「だれか」だけじゃなく、世界中の全ての「わたし」が、恐ろしいほどに貴重な存在だ。

・何者でもない者、それはすなわち、全てであるモノだ。

・宇宙が、自分自身の背中を掻くために物質化した道具こそ、「ニンゲン」なのさ。

・人は、一人では優しくなれない。

・要するに人間の「能力」とは全てが、他人のためにあるのさ。

・与える者が、受け取る者だ。

・「想い」こそ重力そのものだったわけです。

・人間は重力を発生させることができる。

第12章:あなたは何も悪くない

今までの教え:世界中から「悪い人」を根絶(こんぜつ)しよう!

 

悪魔のささやき:

誰かの「正しさ」に従いたい。あなたの弱さが、世界に「悪い人」を必要としていたのさ。

【名言】

・「生きる」ということは、誰かへ迷惑をかけることだからだ。

・どんな行動も、「良い」と「悪い」が全く同量ずつ含まれている。

・この世は全てが「結果」の世界だから。

・あなたの「魅力」はこれまでに出会った全ての環境が創り上げたモノだ。

第13章:不可能とは「正しさ」を乗り越えられない者の言い訳

今までの教え:できるかぎり多くの「正しさ」を手に入れよう。

 

悪魔のささやき:全ての「正しさ」を疑った者に、不可能なんてないのさ。

【名言】 

・「過去」を忘れることに成功しているから笑えて、「未来」が何も分からないから楽しめる。

・夢を叶えるものじゃなく、今叶っているもの。

・誰もが、その目の前で100%願いが叶っている。すでに。

・全てがある場所には、何もないからだ。

・ないモノ以外は、全てがある。あるもの以外は、全てがない。

・信じていない者が、願い 信じている者は、ただ感謝しているんじゃよ。

・自分の中に正しい意見など1つも持つな。

・「正しさ」が、人間の可能性をつぶすんじゃよ。

・「正しい」とは、それ以外のことを全て信じないという宣言。

・不可能とは、「正しさ」を乗り越えられない者が作った、ただの言い訳。

 

まとめ・感想

いかがでしたでしょうか?

各章の名言に目を通すだけでも、この本で伝えたい部分が理解できたでしょうか。

「正しさ」を疑うこと

 

わたし自身も、「正しい」と思っていることが多くあることに気づかされました。

その思い込みが自分の可能性をつぶしている・・・。

『悪魔とのおしゃべり」を読んだことにより、新しい自分に出会えた気がします。

 

ぜひあなたも、『悪魔とのおしゃべり』を手に取って実際に読んでみて下さい。

 

最近では『耳で聴く』

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonのサービス

オーディオブック

というサービスもあるので

ぜひ活用してください。

 

オススメ書籍は以下の記事で紹介しています。 

www.muraibou.com