むらいぼうStyle

【ビジネスで2度の大転落を経験】自らの失敗と、どん底生活の中から学んだ事を共有しています。『大逆転は起こり得る』

書籍『神様とのおしゃべり』まとめ・感想

神さまとのおしゃべり (サンマーク文庫)

今回のオススメ本は『神様とのおしゃべり』

まとめ・レビューの記事になります!

各章の要点部分をまとめてありますので、参考にしてください。

 

 

『神様とのおしゃべり』はこんな人にオススメ!

・幸せになりたい人

・お金持ちになりたい人

・夢をかなえたい人

これらの「願望」を持っている人には、ぜひ手に取っていただきたい一冊ですね!

『神様とのおしゃべり』から学べる事

学べる事は大きく分けると以下の3点です

・現実とは?幸せとは?

・この世の仕組み

・願望の叶え方

『神様とのおしゃべり』まとめ

1章:「現実」とはなにか?

【教え】

・この世は全て、あなたの望み通り。

・あなたの信じることはなにもかも全て、現実となる。

・あなたには、自動で願いつづけてくれる「観念」という、便利機能がついている。

・固定観念とは、あなただけが信じる幻のルールである。

・「現実」とはあなたを映し出す鏡である。

・「感情」があふれ出るようなできごとは、あなたの固定観念に気づくチャンスである

2章:思い通りに現実を変える、12の方法

【教え】

・信じていることの反対側を信じれば、固定観念は消える。

・鏡は先に笑わない。

・人間は目の前の「現実」と違うことを想像する事ができる。

・「なにが嫌いか?」ではなく、「なにが好きか?」を口に出して想像で願うこと。

・人はみな、夢が叶った時の感覚を経験済みである。

・「幸せになりたい」と言う人は、「私は幸せじゃない」と信じている。

・99%の幸せに囲まれて、なぜ1%の不幸を探す?

・叶っていない夢があるから、人生は楽しい。

・不幸は目につくが、幸せは見えにくい。

・答えが「どっちでもいい」から、あなたは今日も悩んでいる。

・あなたができごとを「悪い」と判断すると、物語はそこでジ・エンドになる。

・起こるできごと全てを信頼し、流れに身をまかせてみる。

3章:簡単にお金持ちになる方法

【教え】

・お金がもっと欲しいなら、お金をもっと愛しなさい。

・金持ちになるのは難しくない。いや、簡単である。

・宝くじが当たったら、周囲に宣伝しなさい。

・お金ばかりに目を向けていると、身の周りにあふれる豊かさに気づけない。

・小さな成功体験をくり返すことで、否定的な観念がすぐ消える。

・他人の成功を心から祝う事は「そのうち自分にもできるはず」という宣言になる。

4章:私があなたで、あなたが私

【教え】

・あなたの周りの全ての人が、あなたになにかを教えたがっている。

・「頭」ではなく、「心」が好きになった人を好きになりなさい。

・あなたが嫌いな人は、あなたの知らないことを一番よく知っている人である。

・他人を褒めれば「自分がどれほど幸せなのか」に気づくことができる。

・他人の言葉にパワーを与えているのはあなた自身である。

・あなたがいないとこの宇宙は「マジで」成りたたない。

5章:この世の仕組みと真の幸せについて

【教え】

・「自分でどうにかしよう」という気持ちが消えれば、苦しみも消える。

・今日も、あなただけが、大切にその悩みを悩みつづけている。

・「死」以外の全ての「体験」はあなただけのもの。

・「いつか」は永遠に「今」を訪れない。

・「イーンダヨ!」の一言で、全ての感情がポジティブに裏返る。

・幸せになるために感謝するのではなく、感謝している間が幸せ。

6章:ミソカモウデに行こう

【効能】確実に幸せになる

【日時】毎月30日(ミソカの日)

【場所】家の近くの、鳥居がある神社やお宮など

 

※方法は書籍を読んで確認をしてください※

『神様とのおしゃべり』感想

ぼく個人的には

この本の中で一貫しているキーワードは

『固定観念』

 

この固定観念が、

『どれだけ人生に影響を出しているのかを、理解するための1冊になる』

というのが感想です。

 

ぼくの場合は借金を抱えて、どん底になりました。

この本から学んだ視点で考えると、固定観念だらけでしたね・・・(笑)

 

読み終わった時には

「自分は既に願望は叶っている」という事を

「あー、なるほどね!」って理解できる1冊だと思います。

 

ぜひ手に取って、自分自身で確認してください。 

 

 

本を読むのが苦手であれば、『耳で聴く』というのもあり!

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonのサービス

オーディオブック

というサービスもあるので

ぜひ活用してください。

 

オススメ書籍は

【必読】おすすめ書籍37選「この本を読まずして何を読む!?」

の記事で紹介しています。

www.muraibou.com