むらいぼうStyle

【ビジネスで2度の大転落を経験】自らの失敗と、どん底生活の中から学んだ事を共有しています。『大逆転は起こり得る』

『自己啓発とはそもそも何か』「必要」か「不要」かも考えてみよう。

なんか怪しくない?  胡散臭い気もするし・・・。

そもそも「自己啓発って、どういう意味 ? 」

こんな疑問に、今回の記事では明確な答えを提示します。

 

 

まず結論をお伝えします。

「人生を今より少しでも豊かにしたいと望むなら、自己啓発は必要である。」

 

では、なぜ自己啓発は必要なのか、ここから詳しく解説していきます。

この記事を読み終わった後、

あなたの中で『自己啓発』という言葉への抵抗がなくなることでしょう。

自己啓発とは

そもそも、自己啓発とは何かを明確に答えられますか?

多くの解釈が存在しますが、私の答えはシンプルに

「自己啓発とは、

            自分の状態をより良くしようとする

         『思考』と『行動』の総称のことである」

と定義しています。

自己啓発への誤解

自己啓発に抵抗がある人は、自己啓発という言葉を聞いて思い浮かぶものとして

・洗脳みたい。

・詐欺だろ。

・宗教っぽい。

こんなところだと思う。

 

その原因はシンプルで

  • 「自己啓発という言葉の認識が誤っている」
  • 「メディアの影響を受けすぎている」

この2点。要するに「誤解」からきているものです。

 

そのため、先ほど伝えた「自己啓発の定義」が重要になってきます。

自己啓発の種類(範囲)

さて、なぜ私がここまで言い切るのかというと。

その理由は、自己啓発の種類(範囲)を知ることでハッキリするはずです。

 

ここでもう一度、自己啓発とは

「自分の状態をより良くしようとする、『思考』と『行動』の総称である」

と定義しているという事を理解しておいてください。

 

この定義から自己啓発というものを

  • 思考
  • 行動

この二つの視点で分けて考えていきます。

思考

思考の自己啓発として代表的なものは

『成功哲学』のような「自分よりも成功している人間の考え方を学ぶ」といったもの。

 

だが、私はそれだけではなく

  • 倫理観
  • 道徳観
  • 常識

を養うこと。

 

言い換えれば

「教育」をすることも、自己啓発の一部であると考えています。

 

(例1)

子どもに対して、

「人に嫌がることをしてはいけないよ」

と教えること。

 

(例2)

学校や会社において、「先輩」や「上司」といった、年長者には敬意を示そう。

と教えること。

 

これらは、その人にとって

現状より『人としての豊かさ』が手に入る「考え方」を示していることになります。

これを教育と呼んでいるが、間違いなく自己啓発の一部にあたると私は考えています。

 

「教育も自己啓発の一部というのは言いすぎだ!」

と思う人もいるかもしれないが、そこに対してシンプルな答えを示します。

 

教育=受動的(受け身)

自己啓発=能動的(自発的)

この違いがあるだけ。

 

これはどちらが良くて、どちらが悪いといった話をしているわけではなく

受動的であれ、能動的であれ

その人にとって、現状より『良い状態』のなって貰うための『行為』であることは

異論を唱える方が難しいと思う。

 

「良い状態をつくるための行為なのであれば、自己啓発と考える。」

ということです。

行動

行動の自己啓発とは何だろう。

ここを考えるうえで大切になってくるのが、やはり言葉の定義だ。

しつこい様ですが、もう一度

 

自己啓発とは

「自分の状態をより良くしようとする、『思考』と『行動』の総称である」

 

この定義を前提として考えると、

行動の自己啓発の種類(範囲)は、膨大になることが分かるだろうか?

 

(例)

  • 体を鍛えること(スポーツの上達や筋力トレーニングなど)
  • ビジネスの基本スキル(PC操作や、電話の取り方、資料の作り方など)
  • マーケティング手法
  • プレゼンテーション方法
  • 営業方法
  • 瞑想方法や時間管理術
  • メンタルマネジメント
  • チームビルディング

挙げていけばキリが無いが、これらすべてのものは

現状より良くなろうとする行為であるから、自己啓発の一部と考えられる。

 

ちなみに

  • 料理の作り方
  • 子育ての仕方(ほめ方、叱り方など)

といったものも自己啓発の一部と捉えておいて欲しい。

( 自己啓発という言葉を、『自己研鑽』と言い換えてみれば違和感は無くなるというのは

不思議なものですね。)

要するに

『現状より良くなろうと取り組む行為は、すべて自己啓発である。』

ということです。

 

人は、いや・・・生物というモノは

「今の現状より、少しでも良くなろうと生きていく」

「豊かになろうとする本能を持っている。」

 

本人が「自覚している」か「自覚していないか」だけの話で

みんな等しく、自己啓発に励(はげ)んでいます。

 

ここまで読んで頂いたのであれば

私の伝えたい事は、もう分かって頂けるだろうか?

 

最初に述べた通り

「人生を今より少しでも豊かにしたいと望むなら、自己啓発は必要である。」

 

なぜなら、自己啓発とは

「自分の状態をより良くしようとする、『思考』と『行動』の総称である」

 

今より豊かになりたいと願う事は、生き物の本能です。

 

この記事を読んだあなたは、

この瞬間から、自己啓発という言葉への抵抗を捨て

是非、毎日を一歩ずつ豊かさに向かって歩んで欲しいと思います。

 

わたしも、微力ではありますが

このブログを通して、読者の力になれるように励んでいこうと思っています。

読んで頂いたことに感謝を込めて。

 

以上、『自己啓発とはそもそも何か』「必要」か「不要」かも考えてみよう。

でした。